みなさんはエハラマサヒロというお笑い芸人をご存知でしょうか。R-1グランプリ出場や芸能人のモノマネで有名です。そんなエハラマサヒロさんは芸歴18年目で死ぬほど緊張いた収録があったとブログで告白しています。そこでこの記事では、エハラマサヒロさんがブログで告白した死ぬほど緊張いた収録について紹介したいと思います。

目次【本記事の内容】

まずはエハラマサヒロの来歴を紹介!

エハラマサヒロさんは大阪府東大阪市出身で大阪教育大学付属高校を卒業しました。大阪NSC24期生で同期には機動戦士ガンダムのアムロのモノマネで有名な若井おさむさんやイシバシハザマなどがいます。かつてはお笑いコンビやグループを組んで活動していたこともありましたが、現在はピン芸人です。2009年のR-1グランプリ決勝に初進出し、初にもかかわらず準優勝を遂げました。翌年の2010年もR-1グランプリ決勝に進出し、準優勝を遂げました。2017年にはものまね王座決定戦で優勝を果たしました。ものまねのレパートリーとしては、スキマスイッチの大橋卓弥さんと言った有名アーティストから坂田利夫さんと言ったお笑い芸人と幅広いです。そんなエハラマサヒロさんが芸歴18年目にして何の番組の収録でなぜ死ぬほど緊張したのかについて次項で話したいと思います。

エハラマサヒロが緊張した収録はダウンタウンDX?!

本項のタイトルの通り、エハラマサヒロさんがブログで「死ぬまで緊張した収録」と告白したのは「ダウンタウンDX」です。芸歴18年目である程度知名度のある芸人さんであればバラエティ番組の出演程度で死ぬほど緊張するなんて信じられないと思いますよね。その原因は彼の経歴にありました。その原因とは彼がスタジオで雛段に座って収録するのは初めてだったからです。確かに過去のテレビ出演歴を見てみるとほとんどがネタ番組でした。そう考えると納得ですね。私は毎週アメトーークを見ていますが、エハラマサヒロさんが出演した回を見たことがありません()本題に戻りますが、ダウンタウンDXの収録後はダウンタウンさんや周りの方々がとにかく優しくしてもらえたこともあり、めちゃくちゃ楽しい収録になったというふうにブログでは書いてありました。オンエアは72322時です!

エハラマサヒロが死ぬほど緊張した収録まとめ

エハラマサヒロさんがブログで「死ぬまで緊張した収録」と告白したのは「ダウンタウンDX」です。その原因が芸歴18年目であってもスタジオで雛段に座って収録するのは初めてだったからです。他にも家族の楽しい内容の記事を書いてあって気持ちが明るい気持ちになれるので是非エハラマサヒロさんのブログをご覧になってください。これからもものまねのクオリティを上げてものまねのショーレースで優勝を狙ってくると思いますので、これからもエハラマサヒロさんを応援していきましょう!