2020816日に放送されたフジテレビ系の「ワイドナショー」の収録を元AKB48の指原莉乃さんは体調不良で休みましたがおそらくコロナ感染とは関係ないでしょう。

そんな指原さんは整形したのではないかという疑惑がかなり前から浮上していますね。

指原さん本人は否定しているので本当の真相についてこの記事では紹介したいと思います。

また、ネットでどこをどう整形したかについて触れているかについても紹介したいと思います。

目次【本記事の内容】

 

指原莉乃は目の整形を否定している!

指原さん本人は浮上している整形疑惑を否定しています。

テレビなどで有吉弘行さんや元SMAPの中居正広さんに整形をいじられているシーンを見たことがありますが、しっかり否定していました。

指原さんはインスタでも整形を否定しています。

しかし、整形と言っても、人によって捉え方が違う場合もあります。

ヒアルロン酸を入れただけで顔を切っていないから整形ではない!という人も中にはいます。

次以降の章では、整形を疑っている側の意見について触れたいと思います。

整形したのは目のあたり!

実際、昔は「指原は可愛くない」という声が多かったですが、今ではかわいいという声を聞くことが多くなりましたよね。

やはり目を整形してのではないかと言われています。

6歳頃の指原さんはつり目ですが、現在の指原さんはタレ目まではいかないにしても印象が全然違って見えました。

しかし、20年も経てば自然に顔が変わることもあります。

なんとなく目を整形したことはわかったのではないでしょうか。

次の章では、目がどう変わったについて説明したいと思います。

目は具体的にこう変わった!

ガラッと顔が変わったわけではないのでどこがどう変わったのかといつ頃変わったのかについて紹介したいと思います。

まず考えられるのは、目頭切開です。

確かに目頭の部分を見ると不自然な感じがします。

こうなっているのは24歳あたりからだと言われています。

二つ目に考えられるのは、涙袋です。

最近の指原さんは以前と比べるとくっきりと涙袋が存在しています。

今ではメイクで涙袋を作ることもできますが、指原さんの目元をしっかり見てみると、何かが入っているように見えるはずです。

こうなっているのは26歳あたりからだと言われています。

三つ目に考えられるのは、二重の幅です。

指原さんは自分がアイテープで二重の幅を調整していることを公言しています。

確かに指原さんの目元を見てみるとアイテープのようなものが見えることがあります。

しかし、アイプチやアイテープについて公言しているものの、くっきり線が入っている上に目がパンパンに腫れているところを見ると、整形も否めなくなってきます。

周りからいじりすぎに対して心配の声

中にはいじりすぎて中毒なのではと心配する人もいます。

他には「せっかくトーク力やバラエティでの立ち振舞いを買われているのに、他人の整形をばらしたりビジュアルアピールするのが鬱陶しい」と、他人や自分の見た目を否定する内容のトークをしないでほしいという声もあります。

これは心配ではないですが、テレビに出てきて最初誰かわからなかったという声もありました。

まとめ

指原さん本人は顔の整形を否定していますが、実際は限りなく黒に近そうですね。

特に目の整形が多く、目頭切開や涙袋や二重の幅があげられました。

二重の幅についてはいつから変わっているのか明確にはわかりませんでしたが、目頭切開は24歳頃、涙袋は26歳頃から変わったと言われていましたね。

私は整形すること自体は何も問題ないと思いますが、結婚する際に整形していた過去を隠すのは詐欺と同じだと思っています。

指原さんには結婚する際に結婚相手に整形しているかどうか正直に話してほしいと思います。

これを見るといつ整形したわかるかも!!