みなさんは倉科カナという女優をご存知でしょうか。有名な出演作品を言いますと、「奪いい愛、冬」などが挙げられます。そんな倉科カナさんはアーティストの斎藤和義さんと交際していたという噂がありました。そこでこの記事では、倉科カナさんが斎藤和義さんと本当に交際していたかについてお話したいと思います。

目次【本記事の内容】

 

まずは倉科カナと斎藤和義プロフィールを紹介!

倉科カナさんは19871223日生まれ熊本県出身です。高校3年生のとき、チャレンジ精神から受けた「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを受賞しました。それがきっかけで高校卒業後上京し、本格的にタレント活動を始めました。20066月、「ミスマガジン2006」でグランプリに選ばれ、以後講談社のマガジンシリーズを中心にグラビア活動を展開するようになりました。2009年後期のNHK連続テレビ小説「ウェルかめ」の主演(ヒロイン)を務めました。趣味は読書で特技はバスケットボールやテニスなどのスポーツ全般と多趣味な一面がありますね!家族構成は両親と妹が3人います。そのうちの一人はグラビアアイドルで女優の橘のぞみさんです。

続いて斎藤和義さんのプロフィールに移ります。斎藤和義さんは1966622日生まれで栃木県出身です。ギターとの出会いは小学生時代で、中学・高校時代にはハードロック・ヘヴィメタルにハマり、LOUDNESSのコピーバンドもしていました。出身高校は江川卓さんの出身校であり、野球の強豪校である作新学院です。21歳のとき友人から「東京で一緒に音楽をやろう」と誘われたのがきっかけで単身上京しました。1993年に「僕の見たビートルズはTVの中」でデビューしました。1995年には同年代の一般女性と結婚しています。

倉科カナは斎藤和義と付き合っていたと言われる理由は!?

倉科カナさんが斎藤和義さんと付き合っていたという噂が浮上したのは斎藤和義さんの「ウェディング・ソング」という楽曲のPVに倉科カナさんが出演されたいたからだと考えられます。しかし、ただ共演しただけで証拠という証拠はありません。前章でお話した通り斎藤和義さんは倉科カナさんがデビューする前に結婚されているので交際はないと考えられます。

倉科カナと斎藤和義の交際まとめ

倉科カナさんと斎藤和義さんが交際していたという噂が流れたのは斎藤和義さんの楽曲である「ウェディング・ソング」のPVに倉科カナさんが出演していたということがきっかけでしたね。でも実際は交際していたという証拠はありません。そもそも斎藤和義さんには倉科カナさんと出会う前から結婚しているので交際は考えられないでしょう。倉科カナさんには斎藤和義さん以外にも色々な芸能人と交際の噂がありますが、これからも倉科カナさんをみなさんで応援しましょう!