ビジネスでつかえる英語を身に着けたい20,30代の社会人はたくさんいるでしょう。

いま話題のこの方法で、英語をあきらめた40代のビジネスマンや、30歳になってから英語を始めたOLさんなど、のべ5,000人以上がペラペラになっているというお話も聞きます。

そこでこの記事では、ビジネス英語を身に着けるのにもってこいの教材「ビジネス英語ディスクリプション」について紹介したいと思います。

興味があればぜひ最後までお読み下さい。

目次【本記事の内容】

 

ビジネス英語は難しくない!

ビジネス英語に対して

  • 「気の利いた言い回しや難しい単語をいっぱい覚えなければいけない」
  • 「試験勉強のような難しい勉強をしないといけない」
  • 「私の英語力では到底ビジネスでは使えない」
  • 「英会話スクールとか、お金がたくさんかかりそう・・・」
  • 「若いうちじゃないときっと覚えられないから、30歳過ぎた自分にはもう無理だろうな・・・」

と、ネガティブなイメージを持っている人が多いでしょう。しかし実際はそうではありません。グングン英語力が身につき、早ければ3ヶ月程度で、“仕事で使えるレベル”のビジネス英語を身につけることができるでしょう!

あなたは英語学習でこんな間違いをしていませんか?

  • とりあえず「聞くだけ」の学習法を試している
  • 英会話スクールに通って、挨拶や日常英会話から英語を学んでいる
  • 使える単語を増やすために、とにかく単語帳を暗記する
  • 分厚い参考書をひたすら勉強
  • 英字新聞を読み続けていればいつか英語が出来るようになる?
  • ビジネス英語となると、小難しい英語表現を知っておかなければいけない

英語を覚えようとすると、まずこのようなことをやる方がほとんどでしょう。しかし、これらは間違いです。もちろん、これらの勉強法が悪いと言っているわけではありませんが。

でも、私達は日本人。既に日本語が頭に刷り込まれている状態で、まともに英単語や文法を覚えようとしても先入観が邪魔をして膨大な時間と努力が必要となります。

そしていつしか、「英語なんてもういいや・・・・」と、「挫折」の道をたどる方がほとんどなのです。
「では、どうすればいいのか?」

はい、ビジネス英語を最短距離でマスターする勉強法を教えます。
“ある方法”を使うことでビジネス英語は短期間で習得できます。

ビジネス英語を教える講師を紹介

それを教えるのは石井隆之さんです。以下が石井さんの経歴です。

■経歴:

・近畿大学 総合社会学部 教授
・クインズインターナショナル名誉顧問
・フリーランス通訳ガイド
・奈良学生ガイド・ガイドトレーナー
・英語通訳案内士一発合格塾塾長
・英検1級合格塾塾長
TAC通訳ガイド協会理事長
・英語前置詞普及会理事長
・言語文化学会 会長
・通訳ガイド研究会 会長

石井さんは英語の勉強に苦労している人があまりにも多いから。

そして間違った英語勉強法を行っている人があまりにも多いからということで勉強法を教えることを決意したそうです。

その証拠に、石井さんのところには英語を覚えることができずに悩んでいる人が毎日のように以下のような相談がくるそうです。

  • いざ外国人と話そうとすると言葉がでてこない・・・
  • 相手の英語が速すぎて聞きとれない・・・
  • 語のテストはできたのに会話は全くできない・・・
  • 文法はあっているはずなのに全く伝わらない・・・
  • 英語教材を買ってみたものの挫折・・・

しかし、石井さんがある英語勉強法を教えた途端、英語が全くできなかった初心者の方から、6年以上勉強している方まで、ほとんどの方が満足のいくレベルの英語が話せるようになられています。

ではなぜ石井さんが発見した勉強法を実践するとそんなに早く英語を習得できるのか?

実は、ビジネスで英語を使う上で重要なことはそれほど多くありません。

ある事を意識して勉強して頂ければ、外国人とのコミュニケーションはスムーズになるのです。

この事実に気が付いている人は極めて少ないでしょう。

なぜなら、石井さんが10年間英語の指導を行ってきた過程でこの秘密に気が付いたからです。

「日本人が最短で“ビジネス英語”を覚えるには何をするべきか?」
その答えを知っているのです。

それさえ知ってしまえば、小難しい英語表現を覚える必要はありません。英単語をたくさん覚える必要もありません。

日常英会話の学習法とビジネス英語の学習法の違い

日本人が”ビジネス英語”が話せない最大の理由は『日常会話とビジネス英語が同じだと考えていること。』

あなたは、日常英会話の学習法とビジネス英語の学習法にはそれほど違いはないと考えていませんか?
しかし、はっきり言っておきます。

日常英会話と、ビジネス英語は、ラグビーとアメフトくらいルールが違います。

世間一般的に、ラグビーとアメフトは、同じ楕円球を使っている似ているスポーツだと思われています。

しかし、実際は、全く別のスポーツです。

ルールや、ボールの形状(大きさ)、プレイする人数、防具、選手交代の違いなどなど、似て非なるスポーツなのです。

だからこそ、ラグビーにはラグビーの練習法があり、アメフトにはアメフトの練習法というものがあります。

同じように、ビジネス英語には“ビジネス英語の勉強法”というものがあるのです。

ビジネス英語特有の英語の使い方は、日常英会話では学べません。

だからこそ、ビジネスで英語を習得したければ、ビジネス英語に特化した学習法をする必要があるのです。

英会話スクールなどで何時間もかけてあいさつや自己紹介などを学んでいても、いつまでたっても仕事で使える英語は身に付きません。

では、一体どんな勉強をすればいいのか?詳しく説明する前に、少しだけこれまでの石井さんの生徒さんの話をしたいと思います。

3ヶ月でビジネス英語をマスターした30代のビジネスマン

全く英語が話せない状態から、たったの3ヶ月でビジネス英語をマスターした30代のビジネスマンの方の話です。

今から半年前。彼と石井さんの初めての出会いは、石井さんが個人的に行っている英語相談会だったそうです。

彼の英語レベルは、読むことは多少できても、話すとなると全く口から言葉が出てこないといった状態でした。

学生の頃、英検2級を取得して満足したままその後は、これといって英語の勉強をしてこなかったためです。

ところが、近年のグローバル化にともない、英語が社内公用語になり、急に外国人と話す機会が出てきたのです。

彼の所属する部署では、英語に慣れるため、朝礼を毎日英語行うようになり、会議コメントもすべて英語で話すことが義務付けられました。

ですが、実際に外国人を前にすると、全く言葉が出てこない、相手の言っていることはなんとなくわかってもこちらの意思をうまく伝えることができない。

言いたいことが英語でいえない。毎日が、苦痛で仕方がない…。

そんな悩みを抱えた状態のなか、

  • 「ビジネスで使える英語が話せるようになりたい。」
  • 30歳を超えた今からでも、何とか英語で話ができるようになりたい。」

そんな思いが強くなり、彼は、英会話スクールに通うことにしました。

まず習ったのがアイスクリームの注文の仕方。

40分ほどかけて「バニラ」や「ストロベリー」などの発音を学んだそうです。

ところが、「バニラの発音もできないのに、ビジネス英語なんてできるはずがない」と彼は自信をなくしてしまい、さらに落ち込んでしまいました。

ほかにも、巷に溢れる、”聴くだけで英語が話せるようになるだとか、“700語 さえ覚えれば・・だとか、“TOEIC650点突破…”だとか。

しかし、そういったメソッドにも挑戦してみたものの、どれを試しても、あるレベル(あいさつに毛が生えた程度)以上、上達することはなかったのです。

そんな状態だったにもかかわらず、それから3ヶ月もしないうちに、彼の英語力はみるみる上達していったそうです。会社の朝礼でも自信をもってスラスラと英語でスピーチできるようになりました。

バニラの発音もできなかった人でもビジネスの現場でのディスカッションも「ちゃんとした英語」で自信を持って発言できるようなっています。

今では、英語でのプレゼンテーションもカッコよくこなせるようになり会社では、一目置かれる存在となっているそうです。

そこで気になるのはたったの3ヶ月で何が起きたのか?どのようにして、ビジネス英語を身につけたのか?そんなことだと思います。

答えは簡単です。

彼は、ある秘密の情報を手に入れて、それを徹底的にマスターしたそうなのです。

その情報というのが、石井さんがお伝えする英語学習テクニックです。

あなたも、このテクニックを使えば、短期間でビジネス英語を身につけることができると断言しています。

もう英会話スクールに通ったり、無理にTOEIC対策の参考書を読んだり小難しい単語を覚えようとするのもやめてください。

そんな無駄なことをしなくても、石井さんがお教えする“学習テクニック”を知っていれば、英語力がどんどんアップします。

特別な能力は必要ありません。その情報を知っているか、知っていないか、たったこれだけの差なのです。

実際、石井さんの英語勉強法を試していただければ、「今までの苦労はなんだったんだ…」と思うことでしょう。

短期間でビジネス英語が話せる理由

なぜ短期間でビジネス英語が話せるのか?それにはもちろん秘密があります。

では、私達日本人がビジネス英語を覚える為に必要な勉強とは何なのか?その秘密をこれからお教えします。

英語を話せるようになるために必要な事、それは教科書通りに「単語」や「文法」を覚えることではありません。

「バニラ」の発音を学ぶことでもありません。ビジネス英語において、ある重要な部分だけを集中的に勉強するのです。

例えば、ビジネス英語の一番大きな特徴として、「要点をコンパクトに伝える」という点があります。

日常会話では、「いいお天気ですね」というような挨拶を覚えますが、実は、忙しいビジネスの場にはそれほど必要ありません。

また何を伝えたいのかが曖昧な表現は、ビジネスには不適切と言えます。

そのため、getdo,haveなどの、短くて単純な動詞を多用し、要点を明確に、そして的確に相手に伝えることを重視した学習が必要になります。

こうしたビジネス英語特有の英語の使い方は、日常英会話では学べません。

だからこそ、仕事で英語を使う人は、日常会話から始める必要はないのです。

ビジネスで英語が必要なら、ビジネスの英語を学べばいい!

「バニラ」を発音することがビジネスにどれほど必要でしょうか?

そんなことばかり学んでいても、仕事で使える英語というものは、いつまでたっても身につきません。だからこそ、とにかく私がお教えするポイントだけを集中して勉強してください。

これだけであなたはビジネス英語が話せるようになります。

「え?ちょっとまってよ!」
「部分的に覚えたって話せるようにならないだろ・・・」
こう思いました?

大丈夫です。石井さんが仰っている重要な部分だけを意識して学べば、あなたはビジネス英語の“ある秘密”に気が付くことになります。そして、この秘密を知ってしまえば中学レベルの英語力で、ビジネスの現場でも「ちゃんとした英語」を自信を持って発言できるようになるでしょう。

事実、石井さんが今までに英語を教えてきた生徒さんは文法など全く気にせず、すぐにビジネス英語スキルの向上を実感していただいています。

最も重要な部分さえ押さえてしまえば、すぐにでも英語は話せるようになります。

もう無駄な勉強をしないでください。

冒頭でも述べたように、石井さんの勉強法は他とは大きく違います。

「日常会話なんて学ばなくていい!」 「文法なんか気にしなくていい!」なんて一般的には非常識なことも言うくらいですから。

しかし非常識ゆえに、この勉強法を公開すると同業者からクレームが来る可能性もあると思ったそうです。

それでも石井さんはそれを覚悟の上でビジネス英語の秘密を公開することにしました。なぜなら、「単語」や「文法」を覚えるだけの勉強法にうんざりしているから。

そして、もう無駄な勉強法をしてほしくないからです。

「ビジネス英語って、なんだか難しそう。私には無理…」
「ビジネスの場面で使えるほど、英語に自信がない…」

「実際にネイティブに伝わるのかわからない・・・」
「もう諦めようかな・・・・」

あなたも様々な不安がある事だと思います。でも、もう英語の勉強に無駄な時間を使う必要はありません。もう苦労して勉強する必要もありません。

石井さんが、最短で英語をマスターするためのオリジナルテキストを公開してますので。

  • これは、巷にあるような、聴くだけで英語が話せるといった類いのものではありません。
  • これは、実際には英語が話せないような人が、学習法だけ教えているものでもありません。
  • これは、TOEICの点数を取るための方法でもありません。
  • これは、高い入会金を払って、英会話スクールにいく必要はありません。
  • これは、学生時代の英語が優秀である必要もありません。
  • これは、いわゆる頭の良さを必要とするものでもありません。
  • これは、毎日英語漬けにして、”英語脳”に変える必要もありません。

あなたがやることは、私がお伝えする“ビジネス英語”で重要な部分だけを意識して学ぶこと!たったそれだけです。

最初はネイティブの英語をすべて理解する必要はない!

重要な部分さえ理解できるようになれば後は自然と身に付き、仕事で使える英語が話せるようになるのですから。

それでは、石井さんの英語テキストの内容の一部を紹介しましょう。

・英語文化の暗黙のルール

・初対面の外国人とも30秒で打ち解ける方法

・アメリカ文化特有の「3つの重要概念」とは?

・海外でも通用する国際人なら、絶対知っておくべき”ある1つの常識”

・挫折せずに英語力に磨きをかける“3つのC”とは?

・第六感、思考、ひらめきを有効活用した英語学習法

・リスニングを難しくする4つの要因

・一気に理解力が高まるリスニング攻略法!

・リスニング力を上げる方法

LRの不思議なお話し

・5つのリスニング勉強法

・スピーキングを攻略するための5つのポイント

・ディベート思考をやしなう”三角ツリー”

・会話をおもしろくする5つの方法

・実力以上の力を見せ付ける6つの技法

・リーディングに強くなる“8つの秘訣とは?

・難解な英語も意味が理解しやすくなる基本ルール

・英文2つのタイプの読み方

・英文を書くときに必要な4つのCとは?

・アメリカ人が好きな“3つの形容詞とは?

・パラグラフ・長文を書くときに使えるテンプレート

・超使える便利な動詞 “makeの使い方

・ライティングに磨きをかける4つの勉強法

・ビジネスで役立つ「状況別ライティング表現20

・外国人と付き合うために必要な2つの視点とは?

・人を惹きつける話し方、4つの秘訣

・「重なり思考」と「分かれ思考」とは?

・西洋人と日本人の発想の決定的な違いとは?

・警告!これをやってはいけません。

・要注意!世界一”気の利かない国”とは?

ビジネス英語ディスクリプションまとめ

いかがでしょうか?

30のテーマがあって多いですが、このテキストを読んで勉強をすればビジネスの場面でも通用する仕事を最短距離で学ぶことができます。

みるみるビジネス英語を習得していくあなたを見て周囲も驚くでしょうし、なによりあなた自身が驚くことになるでしょう。以上の内容を、わかりやすい動画(解説動画 16(再生時間合計:約486)でも解説しています。

今からあなたはビジネス英語習得の秘密を知ることになります。

あなたは英語を何故覚えたいのでしょうか?

・会話術

・給料アップ

・世界中

などなど、目的は様々でしょう。

もし、あなたが今も英語の勉強に苦労していると言うのなら、私の英語勉強法を今すぐ試してみてください。

このビジネス英語習得の秘密さえ知ってしまえば、「ビジネス英語は実は簡単に話せる」という事実に気がつくことでしょう。

もし、あなたがこの英語勉強法を知ってしまうと・・・・

  • 英会話スクールに通う必要がなくなります
  • ビジネス英語習得の秘密を知ることができ、最短距離で英語を学ぶことができます。
  • 英語教材を買いあさる必要がなくなります。

もうあなたは一人で悩む必要はありませんし、苦労する必要もありません。

なぜなら、私が最短で英語をマスターする方法を徹底的にお教えいたしますし、なにより楽しく英語を上達できるようにいたしますから。

また、石井さんは質問などにすべて個別に対応しますので、安心して英語の勉強に取り組んでください。

でも、この英語教材はいくらなのか気になると思います。今回公開する石井さんの英語教材は質にこだわりをもっています。数十万円を払って英会話スクールに通っても、絶対に他では手に入らないノウハウですし、最短距離でビジネス英語をマスターできると確信しております。

総製作費用、総制作期間を考えるとどうしても高額になってしまいます。

しかし、石井さんがこの英語勉強法を公開することに決めたのは、今の英語業界を変えるため、全く新しい英語勉強法があることを世に広めるためだそうです。

ですので、通常価格39,600でご提供されています。

ですが、この勉強法は一人でも多くの方にビジネス英語をマスターして欲しい為に公開したものです。

なのでお得なキャンペーンがご用意されています。

なので、急いだ方がいいです。

あなたもご存知のとおり、こういったキャンペーンでは、30名なんて、あっという間になくなってしまいます。

だからこそ「本気で英語を話したい!」と考えている人は、ぜひこのチャンスに、“Business English Super Training”を体験してみてください!私はこのキャンペーン中に購入しましたので、19,800円で購入できました。

今すぐ以下のボタンをクリックしてこれまでにない、新しい英語学習の世界を体験してください。

購入はこちら!

この教材を購入した方専用で試験対策などができるサポートコースも以下から受講できます。

受講を希望する方はこちら!