急な海外出張や海外赴任が決まり英語が必要になったという方におススメなのが海外留学よりも気軽に参加することができ、短期間で効率的に英語を学ぶことができる方法として人気を集めているのが、短期集中型の英会話合宿プログラムです。

最短1日からの範囲で英語漬けの環境に浸ることができるのが特におすすめです。

そこでこの記事では、英会話合宿プログラムについて詳しくご紹介したいと思います!

目次【本記事の内容】

 

英会話合宿とは?

英会話合宿とは、1泊から2週間程度の短期で専用の合宿施設に宿泊し、英語漬けの生活を送りながら英会話を学ぶことができるプログラムのことを指します。

施設内では日本語禁止でEOP(English Only Policy)を採用しているプログラムも多く、国内にいながら海外に短期留学したかのような体験を味わえるので、「国内留学」と呼ばれることもあります。

英会話合宿のプログラム内容は会社によって異なりますが、一般的にはレベルチェックテスト、オリエンテーション、レッスン、ランチorディナー、アクティビティ、自習という内容です。

英会話の具体的な内容

プログラムの開始時と終了時には英語力のレベルチェックテストを行います。

開始時のテストはその時点での英語力把握やグループ分けのために実施され、終了時のテストはプログラムの効果を測定するために行われます。

プログラムの開始時には施設内での過ごし方やルール、プログラムの説明などを含めたオリエンテーションが実施されます。

同じ施設で過ごす他の参加者やトレーナーとの顔合わせの場面ともなります。

英会話合宿で行われるレッスン内容はプログラムごとに特徴が大きく異なります。

マンツーマンのレッスンやグループワークなどレッスン形態も様々ですし、ビジネス英語に特化したプログラムであればプレゼンテーションや交渉などロールプレイを中心とするプログラムが組まれていることもあります。

どんなトレーニングを行うのか、それは現在の自分の課題にマッチしているのかを事前にしっかりと確認するようにしましょう。

英会話合宿では、ランチやディナーといった食事の時間も絶好の英語学習タイムとなります。

他の参加者やトレーナーと共に食事をしながら英会話を楽しむことで、食べ物や味の感想などに関する表現なども増やすことができます。

プログラムによっては、一般的なレッスンだけではなくゲームやスポーツなどレクリエーション要素の強いアクティビティが含まれているところもあります。

様々なアクティビティを通じて参加者やトレーナーと交流を深めつつ、英会話でのコミュニケーションスキルを磨きます。

一日のプログラムが終了した後の自由時間では、その日に学んだ内容の復習や次の日の予習を行います。

プログラムによっては自習用の課題が大量に出されるところもあり、夜遅くまで勉強する必要があります。

英会話合宿には幅広い年齢層の方が参加している!

次に英会話合宿の期間は様々ですが、一般的には12日~2週間程度のプログラムが多くなっています。

12日の場合は土日をまるまる活用したスケジュールとなっていることも多いため、平日は仕事で忙しいというビジネスマンの方でも参加することが可能です!

英会話合宿の宿泊施設はプログラムによって異なり、地方にある専用の宿泊施設やロッジなどもあれば、都心部のホテルに宿泊するタイプのものもあります。

非日常気分を味わいたいという方は地方の合宿がおすすめですし、移動時間も含めて効率を重視したい方は都心のホテルなどに宿泊するプログラムがおすすめです。

英会話合宿には、大学生から社会人、主婦、シニアの方まで幅広い年齢層の方が参加されています。

子どもと一緒に参加できるプログラムや、社会人向けに特化したビジネス英語の合宿プログラムなどもあるので、自分のニーズに合ったプログラムを探しましょう。

英会話合宿に参加するメリット

英会話合宿に参加する代表的なメリットとしては、5つ挙げられます。

その1 英語漬けの環境に浸れる

1つ目は英語漬けの環境に浸れることです。

英会話合宿に参加する大きなメリットの一つが、国内にいながらにして英語漬けの環境に浸ることができるという点です。

日本で暮らしているとなかなか日本語を話さずに生活するのは難しいですが、英会話合宿であれば海外まで行かなくても気軽に海外留学と同様の環境を作ることができ、英語で考えて英語で発信するトレーニングをより効率的に行うことができます。

特に飛行機が苦手の方にはこれ以上にいいことはないですよね!

その2 超短期で英語マインドが鍛えれる

2つ目は超短期で英語マインドが鍛えられることです。

英会話合宿は超短期のプログラムなので、期間中で大幅に英語力を高めるというよりは、「英語を話すことへの抵抗感をなくす」「自分の英語力の課題を的確に把握する」といった成果をゴールに置くほうが適切です。

ただし、短期間でも英語に対するマインドを高められるため、その後の英語学習においても大きな好影響をもたらすことができます。

その3 いつでも気楽に参加できる

3つ目はいつでも気軽に参加できることです。

英会話合宿はスケジュールさえあえば土日などの週末だけを利用した参加も可能であり、いつでも気軽に参加できる点が魅力です。

海外留学の場合には短期だとしても航空券や宿泊施設の手配など様々な準備が必要となりますが、英会話合宿であれば申込一つで手配も完了し、行き先も国内なので精神的な負担もありません。

その4 非日常の旅行気分を味わえる

4つ目は非日常の旅行気分を味わえることです。

英会話合宿では、普段とは違う環境に身を置き、初対面の人同士とともに時間を過ごすことで、非日常の旅行気分を味わうことができます。

英語の勉強に加えて少しリフレッシュをしてみたいという方にもおすすめです。

その5 英語学習仲間と知り合える

5つ目は英語学習仲間と知り合えることです。

英会話合宿では、1日の大半を他の参加者と一緒に過ごす形となるため、必然的に参加者同士の中も深まります。

自分と同じように英語を学ぶ仲間と出会うことでたくさんの刺激を受けられますし、合宿の終了後も交流が続くこともよくあります。

英会話合宿に参加するデメリット

英会話合宿には上記で挙げたような多くのメリットがある一方で、デメリットが3つほど存在しています。

その1 大幅な学習成果を期待することは難しい

その1つ目が短期のため大幅な学習成果を期待することは難しいことです。

英会話合宿は超短期のプログラムなので、いくら英語漬けの環境だとしてもその期間だけで大幅に英語力を高めることは難しいのが現実です。

「海外出張の前に英語で話すことに慣れておきたい」「まずは英語を話すことへの抵抗感をなくしたい」といった目的であればおすすめですが、過度な期待をするのではなく、英語力を高めるためには合宿の終了後も継続的に学習する必要があることを前提として理解しておきましょう。

その2 合宿施設への移動時間がかかる

2つ目は合宿施設への移動時間がかかることです。

地方部に合宿施設がある場合、どうしても移動時間がかかってしまいます。

移動時間をできる限り少なくしたいという方は、都心部のホテルなどで開催されている合宿プログラムを選ぶことをおすすめします。

その3 拘束時間が長い

3つ目は拘束時間が長いことです。

英会話合宿は宿泊が前提となり、基本的には1日中丸ごとプログラムに拘束される形となります。

拘束時間が長いため、週末のプログラムだとしても週末まるまる時間を確保できる方でないと参加できないというデメリットがあります。

英会話合宿まとめ

英会話合宿の参加料金はプログラムによっても異なりますが、大まかに言うと1泊あたり3万円程度が相場になっています。

また、宿泊期間が長くなるほど割引されるプログラムもあります。

参加料金には宿泊費や食費なども含まれており、午前・午後と合わせて18時間程度のレッスンを行うことを考えると、通常の英会話スクールのレッスンよりも割安だと考えることもできます。

宿泊にはやや抵抗があるけれども短期間で英語力向上を狙いたいという場合は、英会話スクールが展開する短期集中型英会話プログラムもおすすめです。

英会話スクールの短期集中型プログラムは、教室に週11時間だけレッスンに通う場合などとは異なり、英語に触れる感覚が半ば強制的に短くなるため、自然と学習内容の定着率も高まり、学習効率が上がる傾向にあります。

また、プログラム終了後もしっかりと英語学習を継続できるよう、効率的な英語学習方法についても教えてもらえるため、長期的な英語学習の指針づくりやきっかけづくりとしても活用できます。