英語を勉強している人、誰もが感じている事かもしれませんが、ビジネス英語を勉強する事は、日常で使う英会話を勉強している時のような楽しさや面白みに関して、少しかける事が多いと思います。

実際、ビジネス英語を勉強する際に、巷のノウハウでは、ビジネスニュースを読む事を勧めたり、CNN等のニュースメディアを見る事などを勉強方法として勧めていると思います。

しかし、このような学習方法だけに絞ってビジネス英語の勉強を進めていくと、徐々に学習モチベーションが下がってくる事は明白ですね。

そこでこの記事では、楽しい方法を使ったビジネス英語の勉強方法として洋画を見て学ぶ方法について解説したいと思います。

目次【本記事の内容】

 

ビジネス英語の勉強に洋画が役に立つに立つ理由

「ビジネス英語」とは、特に難しい英語の種類ではなく、普通の英語文法が使われています。

そういった事を考えると先ずはベーシックな英語の基礎知識が必要になってくるでしょう。

もし、しっかりとしたビジネス英語を使えるようになりたければ、まず自分が勉強したい業界の専門用語やビジネスマナー、各シチュエーションに合わせた言葉遣いを集中して勉強する必要があると思います。

業界の専門用語や、ビジネス的な硬い言い回しのフレーズは、ある程度本などの教材を通して勉強する事が出来ますが、もう少し微妙なスキル(コミュニケーションスタイルや、マナーや、マインドセット)ばかりは、実際に経験して覚える事でしかマスター出来ないと思います。

勿論、日本にいながらにして英語圏のビジネスカルチャーを経験する事は、簡単に出来る事ではありません。

ビジネス英語の勉強に役に立つ映画5

今回紹介する洋画を見て学ぶ方法を使って勉強出来れば、比較的楽しみながらビジネス英語を勉強する事が出来ると思います。

ビジネス英語を勉強する際にお勧めの洋画TOP5を紹介したいと思います。

その1 The Social Network

ビジネス英語の勉強に役に立つ映画の1つ目はThe Social Network (ソーシャル・ネットワーク)です。

ソーシャル・ネットワーク [DVD]
ジェシー・アイゼンバー ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2011-12-21

Amazon

この映画は、フェイスブック(Facebook)の誕生についての映画です。

フェイスブックは、ハーバード大学の生徒によって作られました。

現在では、世界中に知られているソーシャルネットワークである事はみなさんもご存知だと思います。

ドラマティックな映画ですが、IT関連の企業で働いている人の英語の勉強には良いと思います。

そして、この映画ではアメリカ人の起業家精神を理解する事が出来ると思います。

現在、フェイスブックは個人のネットワークだけではなく、世界のビジネス業界においても影響力を持っています。

実際に英語圏でも多くの企業が自社のフェイスブックの運営に力を入れていますよね。

その2 Gung Ho

ビジネス英語の勉強に役に立つ映画の2つ目はGung Ho (ガン・ホー)です。