このブログではビジネス英語を学ぶ上で大切なことを記事にしています。

そこでこの記事では、単語や文法以外にもビジネス英語を学ぶ上で大切なことを紹介したいと思います!

まずビジネスパーソンはどのレベルの英語が出来るべきか?です。

これは4つの単語で確認できます!

ビジネスパーソンは4技能の能力を、それぞれにある程度まで伸ばすべきですが、Speaking能力について、どの程度の力があればよいのかを考えてみます。

実は、Speaking能力は、一般に4つのレベルが想定できます。

その4つのレベルが、言葉を使うコミュニケーションを表す基本4単語と関わっています。

その基本4単語とは、say (言う), tell (告げる), talk (喋る), speak (話す)です。

目次【本記事の内容】

 

4S勉強法

続いて本題の4S勉強法についてです。

基本的な英語力をつけるための勉強の方法を述べておきましょう。

印象的な方法であるべきなので、勉強の方法の名前に仏教的な表現も加えています。

仏教の修行が必要ということではなく、その勉強の方法が、仏教の修行に似ているということです。

その勉強法は、4つあり、日本語でも英語でも全てSで始まるので、「4S勉強法」と名づけています。
・「スピード音読」(読経式勉強法)Read quickly and Speak carefully

・「シャドーイング」(瞑想的勉強法)Listen carefully and Speak quickly

・「セルフトーク」(禅問答式勉強法)Speak fluently

・「センテンスチェック」(写経式勉強法)Wri te fluently

11つを簡単に説明しましょう。

スピード音読

まず、「スピード音読」とは、速く黙読し、早く音読することです。

黙読のスピードが速いほうがよいし、その黙読後、早く音読したほうがよいので、「速く」黙読、「早く」音読という説明をしました。

とはいっても、いい加減な音読はよくないので、英語の説明では「慎重に」を添えています。

これは、リーディングとスピーキング能力を同時に高める練習方法です。

シャドーイング

次に、「シャドーイング」ですが、これは聞いた英語を、そのまま追いかけてリピートすることです。

集中力が必要で、 「 慎重に 」  聞かないと口で繰り返すことは不可能です。

また、逆に口から出すとき、慎重にしていたら遅れてしまうので、こちらは「速く」を重視します。

少々荒っぽい英語でもいいから、口からすぐに出しましょう。

これにより、リスニングとスピーキング能力が一気に高まります。

セルフトーク

更に、「セルフトーク」ですが、これは、1人で会話することです。

ある程度英語に慣れてきたら挑戦してみましょう。

英語力を更にアップするのにもってこいの練習です。

私も英語学習者として初級レベルと中級レベルの間ぐらいのとき、も英語学習者として初級レベルと中級レベルの間ぐらいのとき、

I am on my way to my university. I am in a train and I see an intelligent–looking looking middlemiddle–aged man sitting just next to me. He must be a teacher because he is now aged man sitting just next to me. He must be a teacher because he is now reading a textbook which may be used in his classroom.reading a textbook which may be used in his classroom.
(私は大学へ行く途中。電車に乗ってて、ちょうど横に、賢そうな中年の男性がいる。途中。電車に乗ってて、ちょうど横に、賢そうな中年の男性がいる。彼は先生に違いない。というのはクラスで使用されているかもしれないテキストを今読んでいるから。)
などと、頭の中で言ってみたものです。

人が近くにいなければ、小さな声で言ってみたりすることも重要です。

これは、スピーキング能力を向上させるのに有効です。

時には、壁に向かって何かを喋っているという、何とも寂しい状況もありますが、やはり、セルフトークをしていると自然に会話力が身に付きますよ。

センテンスチェック

最後に「センテンスチェック」。英文を見ながら、そのままノートに書き出すという作業をすることです。

意味を考えながら、分からない単語があれば、辞書でチェックしながら、この作業を行います。

すると、知らないうちにライティング能力が身に付きます。

4S勉強法まとめ

以上、4つの学習法は、仏教的な言葉を借りれば、順に、読経式・瞑想的・禅問答式・写経式勉強法となります。

「スピード音読」の音読の部分が読経に似ているし、「シャドーイング」の聞き取りは瞑想のときのように集中しないといけないし、「セルフトーク」が禅問答のように頭の中で議論しないといけない側面があるし、「センテンスチェック」は正に写経のように英文を書き写す作業だからです。

「センテンスチェック」は正に写経のように英文を書き写す作業だからです。仏教で必要な4つの修行型が、英語の勉強にも役立つということです。

Speaking能力や4S勉強法に簡単に紹介しましたが、これらについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を読むと良いです。

詳しくはこちら!