様々な英語での会話シーンがある中でも、ビジネス英語と日常英語は少し違います。

実はこの二つは様々な側面で違いがあり、そもそも使う単語や内容からして大きく違ってくることも少なくありません。

まず、最も大きな点は定型文の差です。そこでこの記事では、ビジネス英語と日常英語の違いを紹介したいと思います!

目次【本記事の内容】

 

ビジネス英語は定型文・日常英語は比較的フランク

ビジネス英語は定型文で話すことが多いのに対して、日常英語は比較的フランクであり、必ずしも定型とは限りません。

例えばビジネスシーンでは初対面の際に「Nice to meet you」から始めるというマナーが知られていますが、日常の場合はそこまで堅苦しくない「Hi」や「Hello」から始める、あるいはそれ以外の専門的なフランクな始め方も考えられるでしょう。

このため、ビジネス英語はある程度定型を学べばそれなりに話せるかもしれませんが、カジュアルな会話はそうとは限らないことが多いのです。

会話もどう展開していくか分からない側面があるので、様々な表現を学ぶのが良いでしょう。

 

 

業界用語や専門用語の差

次に、業界用語や専門用語の差です。

ビジネス英語はある程度業界用語や専門用語を含めますので、その分野に知識が必要になることも少なくありません。

とはいえ、その知識がそもそも英語に触れる機会の多い業界とそうではない業界で差がつくこともあり、英単語を聴くだけでざっくりその会話が何を示しているか分かる業界もあれば、そうではない業界もあります。

一方、日常英語で業界用語や専門用語が出てくる機会はあまりなく、比較的シンプルでカジュアルな会話になりやすい傾向があります。

このため、専門用語にいくら詳しくても英語そのものに詳しくない人には日常英語の方が難しい場合もあるようです。

ビジネスマナーに関する部分の違い

最後に、ビジネスマナーに関する部分も違います。

ある程度かっちりした文章を使うのはビジネス英語特有ですが、さらにビジネスマナーを介するため、しっかり明瞭な表現や、丁寧な表現が求められます。

一方で日常英語でビジネス英語に使うような単語や言い回しを使うと堅苦しく感じられることもあるでしょう。

一方、共通する部分も少なくありません。

例えば一般的な接続詞や単語については共通するところが多く、片方を学べばもう片方にも通用しやすくなっています。

微妙に表現が変わったり、カジュアルな印象やかっちりした印象を与えるなどの違いはある物の、一般的な単語はどちらでも使えます。

また、会話の際に発音や発声、喋るスピードについても極端に変わることはなく、基本的にそこまで会話をするという点には大きな違いは見られない傾向があります。

これは日本語で話す時とあまり変わりありません。

ただしビジネスシーンに相応しい話し方はありますので、カジュアルに寄りすぎると見苦しくなる場合もあります。

ビジネス英語と日常英語の違いまとめ

まとめると、使う単語や業界用語が違うため、ビジネスや日常会話特有の単語や用語、言い回しなどの学習が必要になるかもしれません。

その一方で、話し方や会話については極端に違う訳ではない場合があります。

相互に学習していくと、より理解が深まるでしょう。