急に体調が悪く成ったり、子供や介護中の家族の体調が悪くなって、会社に出社出来なくなった時に、電話やEメールを使って欠勤したい事を連絡した経験のある人もおおいはずです。

だけど日本語で欠勤するのを伝えるのは、慣れているから簡単にできても、もし外資系企業や海外転勤中などで英語で伝えなくてはならない時には、どんな英語のフレーズで伝えるのがいいのか迷われる人もいるかもしれません。

そこでこの記事では、ビジネスシーンで使える欠勤する旨を伝える際に便利な英語のフレーズを、ケース毎にまとめて紹介します。

目次【本記事の内容】

 

体調不良で欠勤する旨を伝える際の英語のフレーズ

前日は何も問題なかったのに、朝起きたら急に体調が悪くなって、喉や頭が痛くて体温を測ったらかなり高いという状況で仕事を休みたい時に連絡するフレーズでは、次のようなものをよく使います。

会社を休みたい時には、take(have)a day offや、be absent from workを文章の中に入れて伝えるのが一般的です。

さらに体調不良で休みたい時には、take a sick dayや、feel sickと直接病気で休みたい事を伝えてもいいです。

回りくどい言い訳の文章を体調が悪いのにEメールで送っている人もいるそうです。

しかし、体調が悪い状態でしっかりとした回りくどい言い訳を書いて送ったら、そんなこった文章を書けるぐらいだから逆に仮病を疑われると言われたそうです。

それに短い文章で伝えた方が、上司もすぐに理解できて好感を持たれると教えてもらいました。

それから、次のようにEメールを送ってます。

I have a high fever since this morningI am afraid that I will be absent from work todayI apologize for any inconveniences (今朝から高熱が出て、すいませんが今日は休みます、申し訳ございません)をメモでコピーしてメールに貼って送信してます。

 

 

有給休暇で欠勤する旨を伝える際の英語のフレーズ

日本でも労働者の権利として与えられる年次や有給の休暇がありますが、外資系企業でもあります。

日本では、年次や有休の休暇を遠慮して取らない場合が多いですが、外資は逆に使うように指導されます。

そんな時に使うフレーズは、annual leave (年次休暇)annual paid leave (有給休暇)があります。

外資系の会社に勤めている人は、繁忙期が過ぎた頃合いで、take annual paid leaveを文章に入れてEメールで上司に伝えて休んでリフレッシュしているそうです。

帰宅して家に着いた段階で、急に体調が悪くなった事もよくありますが、そんな時に翌日休みたい時には、次のような文章を送ります。

I have been feeling sick since last nightと、その否定文のI have not been feeling well since lastnight (昨日の夜から体調が悪い)を、Eメールの連絡に入れます。

特に上司や同僚に前日に忙しく働いているのを見てもらっていたら、上司にも納得されやすいです。

家族の問題で欠勤する際にの英語のフレーズ

体調が悪いのと同じぐらい使う欠勤理由に、自分以外の家族の問題で急に休まなければならない時です。

日本企業では、家族の用事ぐらいでは休みにくいですが、外資系企業では家族を大切にする事は逆に好感度があがるので良く休む理由に使う人もいるそうです。

例えば自分の娘が体調が悪くなって病院に連れて行く時には、I have to take my daughter to the hospital (娘を病院に連れて行く必要があります)とメールで送信します。

この文章はかなり使えて、daughter ()の箇所に親や妻などを入れて応用可能です。

この文章を多用していて、かなり重宝して使っている人もいるそうですが、一つだけ気を付けないといけない事があります。

この文章をEメールで送った翌日に、病状を聞かれる事があるので、それに対して答えを用意しておく必要があります。

気軽に使えるため、頻繁に多用しすぎて、急に聞かれた時に誰だったかなと迷って曖昧な返答をしまうと、その時の対応のせいで、仮病を疑われて冷や冷やした体験があるので、気を付けた方がいいです。

会社を早退する際の英語のフレーズ

仕事中に急に体調が悪くなって、午後の勤務を欠勤して早退したいというシチュエーションも良くあります。

体調が悪くなって早退したい時には、leave work earlyleave the office earlyや、それらを略してleave earlyを使います。

だけど会社に出勤して、上司や同僚にも迷惑をかけるので、申し訳なさを伝えるフレーズも良く入れます。

申し訳なさを相手に伝える時には、I am sorry forや、I apologize forを入れれば良くて、長々と言い訳を入れない方が良いです。

長々と謝罪のEメールを送ってしまうと、上司に逆切れされてそんな文章を書く暇があるなら早退なんかするなよと怒られることがあるそうです。

欠勤する旨を伝える際の英語のフレーズまとめ

外資系などで働く際に欠勤する場合は回りくどい表現を使うのではなく、簡潔に病状を説明して欠勤するようにしましょう。

ズル休みをしたいときは家族の問題を理由に休むと好感は持たれやすいですが、病状の設定までしっかりした方がいいです。

誰でも仕事を休まなくてはならないときや休みたいときはあると思いますので、そんなときは是非この記事を参考にしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。