秋の行楽シーズンになると「紅葉狩り楽しみ!」と気合いを入れる方も多いのではないでしょうか。

紅葉スポットは全国各地にありますので、日本人のほとんどが楽しめるイベントともいえるでしょう。

しかし、改めて考えてみると「紅葉狩りって、何で紅葉狩りっていうの?紅葉を眺めてるだけなのに」と感じたことがありませんか?

実は「紅葉狩り」を眺めるという意味で使われるようになったのは平安時代の貴族が由来しています。

その紅葉狩りの由来に関しても気になると思いますので、深く解説します。

それに加え、紅葉狩りの意味や歴史についてもこの記事では触れていきたいと思います。

そこで今回は紅葉狩りの基本を様々な角度から解説しながら「紅葉狩りは何するの?」「何で狩りと呼ぶの?」といった様々な疑問を解決していきましょう。

また、紅葉狩りでは何をするのかよくわからない方もいるのでしょうか?

そんな方のために紅葉狩りの楽しみ方についても紹介したいと思います。

目次【本記事の内容】

 

紅葉狩りの正しい意味

紅葉狩りとは主に落葉樹が落葉する一歩前の段階、つまり色付いた紅葉を眺めて楽しむことを指します。

落葉樹は基本的に春に新葉や花を咲かせ、夏に新緑の葉となり、秋に紅葉、冬に落葉していくという生育スタイルです。

全国でも屈指の紅葉スポットに行かれた方ならご存じだと思いますが、落葉樹が秋に一斉に紅葉する様は圧巻の一言であり、見事な美しさを目に焼き付けることができます。

この紅葉を眺めて楽しむ行為が紅葉狩りと呼ばれるものです。

詳細は後述しますが、紅葉狩りはその文字の並びからいちご狩りやぶどう狩りのように「何かを狩る」「何かを獲る」と勘違いしている人も一定数の割合でいます。

しかし、大阪の箕面では、食べる紅葉を販売しています。

もちろん生で食べるわけではありません。

「もみじの天ぷら」という紅葉を揚げた甘いお菓子がお土産ではあるので獲る方の意味で使うのも完全に間違っているとは言えなくなりますね()

紅葉狩りを眺めるという意味で使うようになった由来は平安時代の貴族!

冒頭でも話したみなさんの疑問である「なぜ紅葉狩りは眺めるという意味なのに”狩り”が入るのか?」という件についてです。

それは平安時代の貴族が由来していると言いました。

その有力な説は3つあるのでそれらを紹介します。

その1 貴族が草花を眺めることを狩りに例えた

「狩り」とは本来、獣を捕まえる意味で使われていますよね。

狩りのルーツは縄文時代に獣を飼っていたらことでしょう。

しかし、それが時の流れとともに小さい動物や野鳥を捕まえるという意味に広がり、さらに果物などを「採る」という意味でも使われるようになりました。

現代でも「イチゴ狩り」「ブドウ狩り」という言葉があるように、「狩り」は獣や動物などを狩るというだけの意味ではなく、果実を採る際にも使われますよね。

やがて「狩り」を紅葉や草花を眺めるという意味で使われるようになり、現代に至っています。

実際に古語辞典にも「狩り」は「求めてとったり、鑑賞したりすること」と記載されているので、間違いではないです。

「狩り」が紅葉や草花を愛でる意味になったのは、狩猟をしない貴族が現れたのが由来とされています。

さらに平安時代は身近な環境に紅葉がなかったため、紅葉を楽しむ場合は山や渓谷に足を運ぶ必要がありました。

しかし、当時の貴族にとって歩くことは「下品な行為」とされていました。

そのため、紅葉を見に出かけることを「狩り」に見立てるようにし、それをオシャレとして使ったのが由来だと考えられます。

その2 実際に貴族が紅葉を手に取っていた!?

現在の紅葉狩りは単に紅葉を眺めるだけですが、平安時代の貴族たちは真っ赤な紅葉の木を手で折り、実際に手に取って鑑賞していたといわれています。

つまり、当時の紅葉狩りは実際に紅葉を取っていたというわけですね。

このような理由から紅葉狩りと呼ばれるようになったという説もありますが、みなさんは紅葉の木を折るようなことはしないようにしましょう。

身内の土地にある木であれば問題はありませんが()

その3 紅葉伝説という話があった!?

長野県にある別所温泉に伝わる鬼女紅葉の伝説が紅葉狩りの由来と言われています。

紅葉伝説は平安時代の話で、紅葉は主人公の名前です。

福島県の会津に呉葉と呼ばれる美しい女性がいました。

やがて呉葉は家族とともに上京し、そこでは紅葉と名乗るようになりました。

その後、呉葉は源経基の正妻の目にとまり、正妻の近くで働くようになりました。

呉葉は源経基から寵愛を受け、しばらくして経基の子を妊娠しましたが、ほぼ同時期に経基の正妻が病気にかかってしまいました。

この病の原因が紅葉の呪いであると比叡山の僧に言われ、紅葉は京から現在の長野県の北部にあたる鬼無里(読み:きなさ)に追放されてしまいます。

しかし、紅葉は京への想いを断ち切ることができず、軍資金を集めるために村を荒らすようになりました。

次第に紅葉は「鬼女」と呼ばれるようになり、その噂を聞いた朝廷が平維茂(読み:たいらのこれもち)に紅葉の討伐を命じました。

平維茂は一度は紅葉の妖術の前に敗れ去りますが、白髪の老僧から「降魔の剣」を授かります。

神剣を手にした維茂は二度目の戦いで紅葉の首をはね、紅葉を討ち取ることに成功しました。

これが鬼女紅葉伝説の話です。

この話は現代でも鬼女紅葉の伝説は能や歌舞伎の演目になることもあるくらい有名です。

紅葉狩りの歴史

今まで紅葉狩りの意味や由来について話ました本章では、日本人が紅葉狩りをどのように楽しんできたかの歴史とついでに紅葉の語源について解説します。

紅葉の語源

紅葉狩りの歴史が気になるところですが、そもそも紅葉をもみじと読むのは河豚をふぐと読むのと同じくらい無理があるとおもいませんか?

もみじと読まれるようになったのは染め物の「揉み出づ」が語源だとされています。

紅花染めにはベニバナの花びらには紅色と黄色の色素が含まれています。

まず真水で揉むことで黄色い色素を揉みだすことができ、次にアルカリ性の灰汁に浸して揉むと一気に赤に変化するそうです。

ベニバナの花びらが黄色や紅に変化する様が秋の樹木と似ていることから「揉み出づ(もみいづ)→紅葉(もみじ)」になったという説が有力とされています。

紅葉の知識として読み方の由来について紹介しましたが、もう一つ覚えておきたいのは紅葉という樹木が存在しないことです。

世間一般で紅葉と呼ばれているものの多くは赤く色づいた楓科の樹木です。

紅葉狩りの起源

日本が今までで確認されてきた和歌集の中で最古と言われている「万葉集」の中に「紅葉」という言葉がでてきます。

このことから紅葉狩りは約1200年前つまり奈良時代から存在していたことがわかります。

平安時代よりも前だったんですね!

しかし、この時代は紅葉を眺めに行くことは行事として定着するほどではありませんでした。

平安時代に入ってから、貴族たちは桜や藤など、さまざまな季節の花を愛でるようになりました。

しかし、前章でもあったように平安時代は基本的には貴族が出かけることができなかったため、桜を眺めるような行事があっても紅葉狩りという行事はまだなかったと考えられます。

本格的に楽しむようになったのは室町時代以降とされています。

紅葉狩りは江戸時代に庶民に広がった!

現代のように一般に紅葉狩りが広がったのは江戸時代中期の頃とされています。
ちょうどそのころに伊勢神宮へお参りする伊勢講や熊野詣などの影響で庶民の間でも旅行が流行しました。

この旅行ブームの火付け役となったのが「都名勝図会」など名所を案内する本です。

これらのガイドブックに紅葉の名所を紹介したところ、たちまちそこに人が押し寄せるようにました。

また紅葉の木の下に幕を張り、お弁当やお酒を持ち込んでワイワイ盛り上がったともされています。

このような紅葉の楽しみ方は現代に生きる花見などの行事とまったく一緒であり、江戸時代の紅葉狩りは宗教観など関係なく、ただ純粋に紅葉を楽しむという概念がありました。

現代の紅葉狩りも真っ赤に染まった紅葉を眺めながら、秋の味覚を楽しんだりします。

このようなことから現代の紅葉狩りに近い形が作られたのは江戸時代だと推測することができるでしょう。

紅葉狩りを楽しみ方

紅葉狩りをしたことない方は「紅葉狩りは何するの?」もしくは「紅葉狩りは紅葉を眺める以外に何かするの?」などと言った疑問を抱いているのではなでしょうか。

この章では、紅葉狩りの楽しみ方について解説したいと思います。

紅葉の色合いや景色を眺めて楽しむ

「紅葉狩り」というのは紅葉の鮮やかな色合いによる美しい景色を眺めるに尽きるのでないでしょうか。

これ以降に話す楽しみ方のどれにも効いてくる内容です。

紅葉の鮮やかな色合いと言えば赤色ですが、そもそも紅葉がなぜ赤色になるのかわからない方もいるのではなでしょうか。

紅葉が赤くなる理由は、葉の中に含まれる色素である「アントシアニン」によるものです。

アントシアニンは春から夏にかけて葉の中には存在せず、秋に葉に蓄積したブドウ糖やショ糖と紫外線の影響で発生します。

紅葉に必要な条件としては、「夜間の急激な冷え込み」「空気が乾燥し、地中の水分が減少する」「直射日光の強さ」「昼夜の温度差が大きい」などがあげられます。

秋の味覚を味わいながら紅葉を眺める

景色に興味がないいわゆる「花より団子」タイプの人におすすめのプランでもあります。

紅葉の時期は地域によって異なりますが、概ね9月~11月でしょう。

この時期はさまざまな旬の食材にも大きな注目が集まるため、秋の味覚を楽しみながら紅葉狩りに出かけるのもよいでしょう。

リンゴ、ブドウ、マツタケ、サンマ、栗、サツマイモなど秋は食材の美味しさを感じることができる季節でもあります。

いわゆる「食欲の秋」ですね!

また近年は紅葉スポットでも秋のメニューが楽しめるお店があるため、デートや家族サービスを検討している方にもぴったりです。

もちろん秋の食材をふんだんに使ったお弁当を持っていくのもありです。

ハイキングやウォーキングをしながら紅葉を楽しむ

 

近年は「森ガール」という言葉が流行るのに続き、「紅葉ハイキング」という言葉も注目されつつあります。

紅葉ハイキングはその名のとおり野山を歩き回りながら紅葉を楽しむというものです。

最近は健康志向の方も増加傾向にあり、ハイキングやウォーキングを実践する人も多いです。

前述のように平安時代は歩くのが下品な行為とされていましたが、現代では歩くことが健康につながるとされています。

自身の体の健康の維持と真っ赤に染まった美しい紅葉を間近で見られるのが紅葉ハイキングの大きな魅力です。

有名な紅葉スポットは遊歩道も整備されているため、ハイキングやウォーキング初心者でも足を運びやすいでしょう。

まとめ

紅葉狩りとは紅葉を採るのではなく、眺めるという意味であるのは問題ないと思いますが、眺めるという意味になった由来がわからない方が多いので本記事ではそれについて紹介しました。

眺めるという意味になった由来は「貴族が草花を眺めることを狩りに例えた」・「実際に貴族が紅葉を手に取っていた」・「紅葉伝説という話があった」の3つでしたね。

紅葉狩りの起源は奈良時代にありましたが、一般に浸透したのは江戸時代中期でした。

紅葉狩りの楽しみ方は景色を眺めるのがメインですが、それをしながら秋の味覚を味わったり、ハイキングをすることでした。

現在はコロナウイルスの感染拡大のため、外出することはあまりよくないですが、外で楽しむ分には周りの人と蜜にならなければ問題ないのはないでしょうか。

まだ紅葉狩りに行ったことがない人も今年は行ってみましょう!