「忘年会で余興を回避したいけどどう回避したらわからない」

「忘年会で何をしたらパワハラになるかわからない」

このような悩みについて答えます。

毎年12月になると忘年会の余興のことを思い出して頭が痛くなる若手社員も少なくはないのでしょうか。

私が勤めている会社の忘年会では余興を披露することはなかったですが、お酒が飲めないのでどうやってお酒を回避するか毎年考えていました()

逆に管理職の方は何をしたらパワハラと訴えられるかわからないと悩んでいるのではないでしょうか

そこで今回は忘年会に悩む若手社員・管理職を助けられたらと思います。

若手社員が忘年会の余興から逃れる方法

確実に忘年会の余興から回避したい場合はそもそも忘年会に参加しないことです。

回覧で忘年会の出欠の確認を行っている会社であれば迷わず欠席を選択しましょう。

直接幹事の方に欠席を伝えるよりは気が軽いですよね。

回覧で欠席を選択したところで誰か(特に上司)に欠席の理由を聞かれる可能性があります。

もし参加費が自己負担であれば経済的に余裕がない旨を伝えるとよいです。

しかし、大半の会社は忘年会の費用は会社持ちなのでその場合は勇気がいりますが、明確な理由も答えずに参加したくないからですと答えるのが最適です。

どうしてもその勇気がない場合は家族が危篤などの家庭の事情をでっち上げるといいです。

事前に欠席を伝えること自体に抵抗を感じる方は忘年会当日にそもそも仮病などを使って有休を取得するのもありです。

忘年会当日は基本的に残業はしないテイで仕事を進めるのでこの日休むことで後々の業務に響くようなリスクは少ないと思いますし有休を100%使い切りそうになっている人はそういないと思うのでおすすめです。

ただし毎年忘年会当日に休むとさすがにわざとと疑われるのでそれも面倒だと思う方は2年に1回は参加した方がいいです。

忘年会に参加することになった場合は余興を披露するタイミングになりそうなところで電話をしているフリをするかトイレに行って席を外すと回避できるかもしれません。

席を外さずに回避する方法としてはお酒を飲み過ぎて体調が悪いフリをするか盛り上げ役のような人と遠くの席に座るなどがあります。

しかし、それらの方法は突発的に余興を振られることを避ける手段であって予め余興を披露することになっている場合はやはり当日休むしかないでしょう。

忘年会でパワハラになる行為

基本的にパワハラになる行為は酷い暴言を吐いたり、殴る蹴るといった暴力をふるうことです。

他に挙げると明らかに無理と思われるような要求したり、無理にプライベートに踏み込むのもパワハラに当たる可能性があります。

これ以降に実際忘年会で起こりうりそうなパワハラになる例をいくつか紹介します。

余興の参加を強要する

忘年会は仕事ではありません。

参加を拒否している人にしつこく強要するとパワハラに当たります。

自分自身は楽しいつもりかもしれませんが、その人を辱める内容の余興を強要するのはパワハラなので気を付けましょう。

簡単な例を挙げるとカラオケが苦手な人に歌うことを強要することや一発芸の披露の強要することになります。

余興が上司の自己満足になっている

余興とは本来みんなでその場を楽しく盛り上げるためにするものです。

なので余興の内容を上司自身が満足するかどうかで判断するのもパワハラに当たりますので気を付けましょう。

また、余興の練習や本番で本気でやらなければ怒ることもパワハラになります。

無理難題な内容の要求および忘年会当日に余興を依頼する

例えばEXILEの「Rising Sun」踊ってなどの短期間で習得できない無茶な要求するのはもちろんパワハラです。

そこまで難易度が高くなくても当日に余興参加を依頼するのやめましょう。

急に参加して失敗するとパワハラに認定されるリスクがあります。

また、無理難題ではありませんが露出度の高い衣装や別性の衣装を着せて余興をさせるのもパワハラになります。

露出度の高い衣装を着せるのは相手が男性であろうと女性であろうとセクハラになりうります。

別性の衣装を着せることに関しては最近LGBTの問題もありますのでセクハラになる可能性があります。

勤務時間外に準備させる

余興に参加する本人が本心から勤務時間外に余興に使うものの作成や披露するものの練習を行うのはもちろん問題ありませんが、その負担を嫌がっているにもかかわらずさせてしまうとパワハラになります。

実際私の友人には無理やり余興の準備をさせられて実務ではないのでサービス残業という形で残って数日間終電でしか帰れないとう状況があったそうです。

まとめ

昔の会社の忘年会では若手社員が場を盛り上げるために余興を披露するのは当然だったかもしれません。

しかし、今はそうではありません。

余興に参加したくなければ参加しなければいいんです。

参加しなかったことで今後の業務に支障があるならそんな会社で働く必要はないと思います。

こんなことを言ってもきれいごとにしか聞こえないかもしれませんが実際そうです。

中には余興を披露するのが好きな若手社員がいますがその人に伝えたいのは余興を披露したくない若手社員までがその空気合わせなければならない状況を作らないでほしいということです。

私自身が余興を披露するのが嫌いだからポジショントークをしているわけではありません。

実際「忘年会」と検索エンジンで検査すると上位に上がる記事やキーワードはネガティブな内容ばかりです。

つまりそれだけ忘年会を苦痛に感じている人がいるということです。

最後に若手社員を部下に持つ上司の方・管理職の方にお伝えしますが余興を披露させることだけではなく余興を披露しなければならない空気を作った時点でパワハラになるということを肝に銘じて頂きたいです。

また、忘年会で起こりうるハラスメントは余興を強要したことによるパワハラやセクハラだけではなく飲酒を強要したことによるアルハラがあることも忘れないでください。